自動車保険は、法律上の義務である強制と自由意思に基づく任意保険とがあります。

自動車保険料の仕組みについて〜あなたの運転・年齢・地域は?〜

s

自動車保険の基本

自動車を所有している人は、今では非常に数が多いことでしょう。
歴史的には、ローンが普及したことにより、自動車も購入しやすくなったと言います。
そうして、今では、日本車ばかりでなく、外車に乗ることも、自動車購入の選択肢の一つとなっています。
しかし、すでに日常品のようになった自動車であっても、時に凶器と化してしまう乗り物となるため、種々の決まりがあります。
交通ルールも、そのうちの一つになるのでしょうが、もしもの際の備えとして、自動車保険に加入することが義務付けられています。
正確に言えば、自賠責保険と言う強制の自動車保険に加入しなければならないということです。
自賠責保険は、交通事故を起こした人よりも、被害者救済のために設けられたようです。
被害者が泣き寝入りしないため、ドライバーに義務付けたもので、対人賠償のみの保険となっています。
違法運転などでも、補償金が支払われることになっていますが、保証金には、限度額設けられています。
仮にそれ以上の交通事故を起こせば、自賠責保険以外のお金は、全額自己負担となります。
そのため、任意の自動車保険への加入が大事になります。
任意の自動車保険には、自賠責保険を補完するような対人賠償保険があります。
無制限のものがあり、セオリーとしては、任意の対人賠償保険で、無制限に加入すべきということです。
また、自賠責保険の対象とはなっていない対物賠償保険、あるいは、自分の車を保障対象とする車両保険などがあります。
以上のように、自動車保険には、強制と任意とがあり、どちらにも加入しておけば、安心感を持ちながら、自動車を使用し続けられると言えます。
なお、人身事故を起こせば、まずは自賠責保険が適用され、それでも足りなければ、任意保険が適用されるようになっています。
また、自賠責保険証は、常時提携していることが、義務付けられています。
Copyright (C)2017自動車保険料の仕組みについて〜あなたの運転・年齢・地域は?〜.All rights reserved.