自動車保険においても、加入時の保険金の設定が重要になると言えます。

自動車保険料の仕組みについて〜あなたの運転・年齢・地域は?〜

s

金額設定も考慮

保険に加入すれば、気になるのが保険金になるでしょう。
これは、生命保険でも、損害保険でも変わりはなく、もちろん、第三分野保険についてもあります。
いざと言う時の備えが保険であれば、なおさらのようにも思います。
当然、自動車保険でも、保険金が気になるところですが、他の保険と同様、加入時に保険金を設定することになります。
このサイトでも、何度か言及していますが、自動車保険には、強制の自賠責保険があります。
しかし、対人賠償のみで、なおかつ、保険金にも限度があります。
仮にそれよりも多くの保険金が必要であれば、限度額を超えた全額を、自分で全額負担することになります。
そのため、一般的には、任意の対人賠償保険は、自賠責保険の補完的なものであっても、保険金額が無制限のものにすべきということです。
また、交通事故は、人ばかりでなく、相手の車やその他の器物などに損壊を与える可能性もあります。
自賠責保険だけでは賄えないため、任意の対物賠償保険に加入する人も、多々いるようです。
その場合も、無制限のものにするケースが多いようです。
これは、交通事故を起こしてしまった相手の車が、高級外車などであれば、高額な賠償金が必要になることもあり、現に、そういう事例が発生し、判例でも認められているようです。
このため、人ばかりでなく、物に対しても、無制限が基本のようです。
なお、自分の車に保険を掛けることもできますが、これは、個人の状況次第というのが、実情のようです。
車に乗る機会が多ければ、それだけ自分の車を傷つけてしまう可能性も高くなるため、加入する意義があると言えるでしょう。
Copyright (C)2017自動車保険料の仕組みについて〜あなたの運転・年齢・地域は?〜.All rights reserved.